立ちはだかるもの
やはり最後の最後、殴りの前に立ちはだかるのは
速度フレームである。

ここ最近は常時T速MPDFだったので速度はかなり
余剰しておりフレーム問題で悩むこともなかったが、
ダメージUPのためT教主MPDFを採用。

下がった速度を補うためのタイタン、陰ツイン、図鑑登録だ。


武 : ━
補 : ━
首 : 150%
頭 : ━
背 : 11% (BFOP)
腰 : 11% (BFOP)
手 : 100%
体 : 15%
足 : 145%

陰1 : 6%
陰2 : 6%
図鑑 : 20%
G石像 : 2%
5転称号 : 10%
討伐バッジ : 4%

合計 : 480%

3フレームに必要な速度 : 481%

あと1%が果てしなく遠い。


現在の問題点を整理しよう。
 ・速度が足りない
 ・エクソ表記がループ値を超えてしまった
 ・防御効率を積みたい


これらの問題を全て解決する具体的な素材が──
実はないわけでもない。

"The Intelligence Shield"

170920_chishiki.jpg

やはりフレーム問題に悩まされていた当時、カンニでは到底
速度が足りずT速フォムガを装備していた頃に愛用。

ベースとしての世間の評価は低いが、回避無視が必要な場合
そしてブロッキング速度信者の私としては魅力的なベースでは
あった。

今では銀行のこやしと化している未完成の自作品。
だいぶ前、似たようなのアリアンで見たけど。

これをW防御効率にできれば、タレン装備時と比べても
防御力は見劣りしないものになる。
フレーム問題が解消されればT防御効率化を目指すのもいい。

奇しくもバーストキャンペーンが開催されている。
やるしかないのか。

それはそれでT教主MPDFいらなかったんじゃね、という苦悩を
生み出す。どうしてこうなった。
関連記事
スポンサーサイト
[2017/09/23 07:09 ] | ステ・装備/BIS | コメント(0)
<<T防御効率盾 | ホーム | 1人クソコラグランプリ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |